4Kテレビの普及とともに4Kの高画質に興味を持った人が増えてきました。

通常の地上波ではフルハイビジョン画質で、4K画質ではないことを多くのユーザーは知っているのです。

ここ数年で広がりを見せているVOD動画配信サービスでも高画質による差別化競争が激しさを増してきています。

VOD動画配信サービスは最初こそ画質が悪かったものの、数年前からはレンタルDVDよりも画質が上がってきました。

ですが、4K対応の動画配信サービスはまだまだ状況ではあります。

このサイトではそんな4K画質に対応したVOD動画配信サービスにフォーカスを当てて紹介していきます。

4K画質のおさらい

そもそお「4K」とは画面解像度のことを指しています。

ちなみに解像度とは「細かさ」を意味します。

4Kと同様に普及が進んでいるハイレゾ音源は「音の解像度が高い」と表現します。

「音の解像度が高い」といえば細かい音まで表現できることを示します。

4Kや8Kのように「画面解像度が高い」といえば細かい部分まで精細に表示できることを示します。

では「精細に表示できる」とは、具体的にどういうことでしょう?

一言で言えば「粒がきめ細かい」ということになります。

液晶テレビの画面を近づいて見てみると、小さなブロックの集合体であることがわかると思います。

この点が「画素(ドット)」です。

そして、画面解像度が高いとは、「画素の数が多い」ことを指します。

4Kの画面には、横:3840画素、縦:2160画素、全体で829万4400個の画素で構成されたが画面になります。

4Kの由来は?

ちなみに4Kという言葉の由来は、横の画素数が「約4000」であること。

1000mを1km、1000gを1kgと記載するように、よく1000の単位をKが使われます。

4K以外の画質フォーマット

4K画質は、これからますます普及が進んでいずれVOD動画サービスの画質は4Kが主流になるでしょう。

また、何年後にはさらに進んで8Kが主流になる時代も来ることでしょう。

時代の流れとともに高画質化の流れは加速度的に向上していきます。

過去には4K画質よりも低い画質のフォーマットが主流でした。

それらのフォーマットも簡単に紹介したいと思います。

画質 別名 解像度
SD
(標準画質)
480p 720×480
HD
(ハイビジョン)
720p 1280×720
フルHD
(フルハイビジョン)
1080p 1920×1080
4K 2160p 3840×2160
  • SD画質・・・地上デジタル放送が始まる前のテレビの画質くらい
  • HD画質・・・DVD画質くらい
  • フルHD画質・・・Blu-ray画質くらい

4K画質に対応しているVOD動画配信サービス一覧

次に4K画質に対応したVOD動画配信サービスを紹介していきたいと思います。

2019年現在、4K画質に対応している主要VOD動画配信サービスは下記の4つとなっています。

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • dTV(ディーティーブイ)
  • Amazonプライムビデオ
  • Netflix(ネットフリックス)

細かい仕様や有名どころではないVOD動画配信サービスによっては4Kに対応している場所が他にもありますが、主要サービスならこの4つです。

ちなみにHulu(フールー)は残念ながら4K未対応です。

対応情報もありません。

次はこちらをより詳しく見ていきたいと思います。

Netflix

4K動画を見るには1,800円のプレミアムプランに加入が必要。

料金 ベーシック:月額800円(税抜)
スタンダード:月額1,200円(税抜)
プレミアム:月額1,800円(税抜)
会員数 全世界1億人
作品数 未公表
無料体験期間 1ヶ月間

Netflixの特徴

  • 月額1,800円(4Kが見れるプレミアムプランの場合)
  • 多くの4K動画が配信されているが価格が高い

Netflix(ネットフリックス)は全世界で会員数・1億人を突破した人気の動画配信サービスです。

料金プランはベーシック、スタンダード、プレミアムがあって、見られる作品に違いはありませんが、「画質」と「同時視聴が可能なデバイス」が変わってきます。

4K動画は充実していますが、4K動画を見るには一番高い1,800円のプレミアムプランに加入する必要があります。

さらに、25Mbps以上の安定した通信速度が必要になるので、事前に通信速度を測れるWebサービスやアプリで確認しておきましょう。

Amazonプライムビデオの月額400円に比べると、なかなかすぐに契約できる金額ではありませんね。

しかし、Netflixのオリジナル作品はクオリティが高く、数百億円という莫大な費用をかけた作品もあります。

月額料金が高くなってしまいますが、超高画質「4K」で映画、ドラマ、アニメを見るなら「Netflix」はおすすめです。

お試し期間の30日だけ利用してみて、気に入ったら本契約するという方法でも良いのではないでしょうか?

Amazonプライムビデオ

4K動画配信数No.1!コスパも非常に良い。

料金 月間プラン:月額400円(税込)
年間プラン:年会費3,900円(税込)
会員数 非公表
作品数 25,000本以上
無料体験期間  30日間

プライムビデオ

  • 年払い3,900円、月払い400円の2つのプランがある
  • 学生なら年間1,900円と激安で入会可能
  • 動画配信サービスの中で、最も安く4K映像が見れる
  • オリジナルドラマやテレビ東京のドラマが4Kで多数配信中

Amazonプライムビデオは月額400円(税込)の「月間プラン」もしくは年会費3,900円(税込)の「年間プラン」に登録すると、25,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題になります。学生なら年間1,900円で利用できるPrime Studentというプランもあります。

動画配信サービスの中でも月額料金が一番安く、超高画質「4K(UHD)」も追加料金なしで見れるのが最大のポイントです。

多くの4K動画を見たい方は間違いなくプライムビデオがおすすめです。

プライムビデオには、オリジナルドラマやテレビ東京で放送されたドラマ、そして自然や動物系のドキュメンタリー映像などが[4K/UltraHD]として多く配信されています。

自然や動物系のドキュメンタリーが最も4K映像の迫力を体感できるため、4K映像のすごさを感じるのに最もおすすめな動画配信サービスです。

Amazonプライムビデオで「4K」を見るには、4Kテレビ、Amazon Fire TV、Sony Xperia XZ Premium(G8141、G8142、 SO-04J)などの対応機種と15Mbps以上の安定した通信速度が必要です。

dTV

4K動画の本数が少なくあまり力をいれていない。

料金 月額500円(税抜)
会員数 約470万人
コンテンツ数 120,000本以上
無料体験期間 31日間

dTVの特徴

  • 月額500円
  • 配信されている4K動画はミュージックビデオがメイン
  • すでに配信終了している作品も専用ページで掲載されているので力は入れていないのでは?

dTVは携帯キャリアでお馴染みの「株式会社NTTドコモ」が運営していますが、ドコモユーザー以外でも利用できます。

月額500円(税抜)という料金の安さで、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題になるので、国内でも人気の高い動画配信サービスです。

dTVは超高画質「4K(UHD)」に対応していて、4Kテレビ、Amazon Fire TV、Blu-rayプレイヤー/レコーダー(DIGA)などの対応機種から見れます。

dTVの4K動画配信は2015年11月25日より開始されましたが、本数は非常に少なくミュージックビデオを中心に8本掲載されていますが、配信終了した作品が未だに掲載されているなど、4K動画には力は入れていないようです。

今4K作品をメインで楽しもうと考えている方には「dTV」は物足りないでしょう。

U-NEXT

4K動画はNHKで放送された番組が中心。

料金 月額1,990円(税抜)
会員数 約100万人
作品数 120,000本以上
無料体験期間 31日間

U-NEXTの特徴

  • 月額1,990円
  • 配信されている4K動画はNHKで放送された番組が中心
  • 4K動画はポイント対象作品が多いのがデメリット
  • 4K動画を見るなら毎月もらえる1200ポイントでレンタルするのがおすすめ

U-NEXTは月額1,990円(税抜)で、約50,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題になります。

U-NEXTでも少しずつ4K動画が増えており、主にNHKで放送されたドラマやドキュメンタリーが4K動画として配信されています

ただし月額見放題サービスでは無く、ポイント対象動画となっている点が少し残念です。

NHKの4K動画を見たい場合は、毎月1,200円分のポイントがもらえるので、そのポイントで4K動画をレンタルするのがいいと思います。

動画配信サービスの中でも料金が高いですが、毎月1,200円分のポイントがもらえて、新作映画のレンタル、漫画・本の購入、映画チケットの購入に使えます。

さらに、4K作品はすべて見放題対象外なので、レンタルもしくはNHKオンデマンドの見放題パックを別料金で購入する必要があります(毎月付与されるポイントが使えます)。

U-NEXTの4K動画がまだまだ少なく、月額料金を考えると「4K」を見る目的で利用するメリットはないでしょう。

VOD動画配信サービスで4K作品を見るメリット・デメリット

ここまで4K動画を配信するVOD動画配信サービスを紹介してきましたが、実際のところ4K作品をVOD動画配信サービスで見るメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?

メリット

最高画質で楽しめる

なんといっても最大のメリットは現在の最高画質で動画を視聴できることです。

高画質で動画を見る感動は言葉にはできないものがありますよね。

ハイレゾ音源を好む人など、ハイスペック嗜好の方にはピッタリだと思います。

デメリット

対応サービスと対応作品が少ない

VOD動画配信サービスにおいては、4K動画はまだ発展途上であることは確かです。

今回ご紹介した4つの主要VOD動画配信サービスでも、まだまだ本数が少なくこれからに期待する状況です。

高速なネット回線が必要

4K動画をストリーミング再生するためには高速通信回線が必要となります。

低速通信でも時間をかければ再生できなくはないですが、スムーズに再生できずにストレスに感じるかもしれません。

またパケット通信制で視聴する場合、簡単に上限を突破してしまうのでスマホで視聴する実用性は低いでしょう。

専用デバイスが必要

VOD動画配信サービスで4K画質の作品を見る場合、基本的に専用デバイスが別途必要になります。

専用デバイスで専用の設定を施してやっと再生できるという手間が面倒に感じるかもしれません。

4K対応モニター(テレビ)が必要

4K画質の映像を楽しみたい場合は当然のことですが、4Kに対応したモニターやテレビが必要となります。

4K対応モニターは今では10万円を切る値段で購入できるので、こちらは4K動画以上に普及が進んでいる状況でしょう。

それでも4K作品を見たいならAmazonプライムビデオがおすすめ

以上のように、メリットとデメリットを考えると、4K動画をVOD動画配信サービスで見るにはまだまだ壁があるかもしれません。

また、今回ご紹介したVOD動画配信サービスの中でも4K作品が出揃っているのはアマゾンプライムビデオとNetflixになるでしょう。

dTVやU-NEXTはまだまだ少なく、正直これから先を期待するしかありません。

Netflixならオリジナル作品や海外ドラマなどが多いのですが、プレミアムプランのみなのが気になりますね。

Amazonプライムビデオには、オリジナルドラマやテレビ東京で放送されたドラマ、そして自然や動物系のドキュメンタリー映像が多く配信されています。

自然や動物系のドキュメンタリーが最も4K映像の迫力を体感できるため、4K映像のすごさを感じるのに最もおすすめな動画配信サービスです。

投稿日:

Copyright© 【2019年版】4K最高画質のVOD動画配信サービス比較 , 2019 All Rights Reserved.